スポンサーサイト

  • 2012.03.24 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    牡羊座の新月エネルギー

    • 2012.03.24 Saturday
    • 01:10
    今日は牡羊座の新月です。

    西洋占星術では始まりを表します。

    12星座のスタートの牡羊座はパワフルでエネルギッシュ。

    新月の中でもこの牡羊座の新月が一番パワフルだと言われています。

    新月にお願い事をすると宇宙にお願いエネルギーが届きやすいので
    お願い事を紙に書いて自分の望みを明確にし、心の中を整理するのをお勧めします。


    せっかくなら牡羊座らしく。

    「自分らしく生きる」というテーマをとことん掘り下げてみましょう。

    私らしい私とは?


    自分が本当にやりたいことは?
    自分がずっとやりたいと思っていた職業は?
    人の目を気にせずに自分を一番に優先させて、自分らしく生きる。


    それはわがままな生き方という意味ではなく、自分の心や魂に正直に生きるということ。

    大人になるにつれ周りの目を気にして自分の心にふたをしてしまうことがあるけど
    子供のころの気持ちを思い出し、純粋なまっさらな気持ちで
    もう1度、自分自身を見直してみるには最適な日。


    やりたいと思っていたことをスタートしてみる。

    失敗してもいい、恥をかいてもいい、やりたいからやってみる。

    勇気と情熱を味方に、自分の心に正直に。


    チャレンジ精神!私も牡羊座パワーにサポートしてもらっちゃお。


    不動宮

    • 2012.03.18 Sunday
    • 15:40
    そして最後に不動宮の説明です。


    活動宮:牡羊座、かに座、天秤座、やぎ座

    柔軟宮:ふたご座、乙女座、いて座、うお座

    不動宮(固定宮):おうし座、しし座、さそり座、水がめ座


    それぞれのエレメントグループから一人ずつ代表が集っています。
    地からおうし座、火から獅子座、水からさそり座、風から水がめ座です。


    ☆不動宮は固定宮ともいいます。
    いずれにしても動かない、固定した状態です。
    人物像としてはどうどうとしたどっしり感があります。
    ころころと変わらないので、頑固なイメージもありますが
    ころころ変わられては困る状況ではとても頼もしい存在です。
    そのため継続力、持続力があります。


    おうし座性質の人は安定感のある地の中の不動なので
    継続力にはピカイチです。
    他の星座があきても同じことの繰り返しを続けることができます。
    そのため時間がかかるような専門的な能力を身につけていつの間にか
    職人並みの技術を手に入れていたりします。


    獅子座性質の人は情熱の火の中の不動なので
    自分が楽しいと思えることに対して情熱を注ぎ続けます。
    わくわく感を大切にして、自分の趣味の世界も大切、
    自分が興味がわかないことをこなすのは苦手だけれども
    好きなことにはとことん楽しんでこなしていきます。


    さそり座性質の人は気持ちの水の中の不動なので
    気持ちに対する継続力があります。
    愛情を抱けば、その気持ちを継続するので交際した場合も長続きをさせようとします。
    普通であればくじけそうな時でもすぐにそこから逃げ出そうとはしないので
    逆境に強く、辛抱強い人が多いです。


    水がめ座性質の人は情報やコミュニケーションの風の不動なので
    風の中でも知識欲は専門的でマニアックな傾向があります。
    風の自由な性質の中でも一番、束縛されるのは苦手で自由でありたいので
    人と深くかかわり過ぎず、ほどほどの距離感を保っていることを好みます。
    その分、人に対して依存せず、常に公平で気持ちの良い関係を保つことができます。

    柔軟宮

    • 2012.03.18 Sunday
    • 14:52

    前の記事の続きで柔軟宮の説明です。


    活動宮:牡羊座、かに座、天秤座、やぎ座

    柔軟宮:ふたご座、乙女座、いて座、うお座

    不動宮(固定宮):おうし座、しし座、さそり座、水がめ座


    それぞれのエレメントグループから一人ずつ代表が集っています。
    柔軟宮は風からふたご座、地から乙女座、火からいて座、水からうお座です。


    ☆柔軟宮は名前の通りで柔軟性がある
    活動宮や不動宮の間を柔軟に対応して、非常に助かる存在。
    臨機応変というのか、その時の自分にあった選択をしたいから
    決断したり断定はなるべくしたくない。


    ふたご座は好奇心のおもむくままにいろいろな情報を収集したいので、
    一つのことを深く追求せずに次から次と新しい知識を仕入れていく。
    人とのコミュニケーションも深くというよりは浅く気軽にコミュニケーションを取る。
    頭の回転も速く、会話をテンポよくはずませることが得意なので気さくな印象の人が多い。


    乙女座は常に完璧で正確、その時に一番ベストな方法でことを成し遂げたい。
    仕事を完璧に成し遂げることに重きをおくので、
    時としてはそのさまたげになるものや人にきつい言葉を与えてしまうことがあるが
    それは個人個人の気持ちを優先してしまうと、
    成し遂げられないというストイックさからあらわれで、本人はほとんど悪気はない。


    いて座は向上心があり、資格を取ったり、読書や勉強、習い事をして
    自分をグレードアップしていく。
    その時、その時の自分の向上ぐあいにあわせて、環境を変えていきたいので
    あまりひとつの職業、職場、人間関係にとらわれない。


    うお座は気持ちのおもむくままに流れていたいので
    その時、その時の気分を大事にして基本的にあいまいでいたい。
    物事に白黒つけることは苦手。だけどもその分、やさしい印象で人に癒やしを与える。
    その場その場の環境に染まりやすく人から影響を受けやすいので
    いい人達に囲まれて過ごすことが大切。

    活動宮

    • 2012.03.18 Sunday
    • 14:46
    12星座を3つのグループにわけると

    活動宮:牡羊座、かに座、天秤座、やぎ座

    柔軟宮:ふたご座、乙女座、いて座、うお座

    不動宮(固定宮):おうし座、しし座、さそり座、水がめ座


    それぞれのエレメントグループから一人ずつ代表が集っています。
    活動宮だと火から牡羊座、水からかに座、風からてんびん座、地からやぎ座という風に。


    ☆活動宮は名前の通り、活動すること
    それぞれ心理的には違うけれども活動することが大事で、
    じっと動かずにしていると元気がなくなってきて、活動していると元気になる傾向。


    牡羊座は自分の情熱のままに活動、思い立ったら即、行動したい
    考えるよりもまずは行動!なのでその分、失敗することも多いが
    人より先にことを成し遂げるので成功することも多い。


    かに座は自分の気持ちのままに活動、行動しないとしても気持ちを活発にさせる
    気持ちが活動的なので、その分喜怒哀楽も激しいところもあるが他人から見ると
    とてもわかりやすく、そのため親しみやすい。
    特に仲間や家族のためにという使命感があると行動力が増す。


    天秤座は人とのコミュニケーションを活発にして活動
    おばぁちゃんの知恵袋的な豆知識や雑学を知っている人が多く、
    いろいろな人達と会話をはずませることができるので
    様々な人とそつなく交流ができる


    やぎ座は地の星座の中の一番最後の星座でもあって地の星座の地固め、
    堅実な生き方の代表取締り的な存在。
    そのため、仕事や組織の中での成功などに力を注ぐことに活動的な傾向。
    とは言え、全てのやぎ座が野心的というわけでもなく農業などに興味がある人も多い。

    火地風水

    • 2012.03.18 Sunday
    • 00:20
    12星座を4つのエレメントに分類すると

    火:お羊座、しし座、いて座

    地:おうし座、乙女座、やぎ座

    風:ふたご座、てんびん座、水がめ座

    水:かに座、さそり座、うお座


    それぞれの特徴は太陽星座のみでなく、
    月星座や金星、水星、火星、アセンダント星座なども含まれるので
    太陽星座は火でも月星座は地だったりすると
    人から見られる印象と家族や親友から見られる印象が変わってくる


    火の性質は燃える炎のイメージで熱い、温かい
    情熱的で明るい、さっぱりしている

    地(土)の性質は地に足をつけるという言葉もあるように
    現実的で落ち着いている、しっかりとして真面目な印象

    風の性質はまさに風のごとく自由気まま
    情報つう、人とコミュニケーションを気楽にとるのが好き

    水の性質は気持ち、情感を大事にするのでやさしく思いやりがある


    同じグループ同士は心理的に相性も良く、
    しっくりするなーという関係になりやすい。

    次に火と風、水と地もなんとなくしっくりする関係になる。

    そのほかはしっくりはしなくても自分に足りない性質をもっていたりするので
    刺激になったり、自分を成長させるために大切な存在だったりします。


    例えば、アイデア豊富な火の性質の人は地の性質の仕事仲間や友人にサポートしてもらうと
    そのアイデアを形にしてもらえるかもしれません。

    地の性質の人は能力があるのにそれをどう広めていけばいいかわからない時に
    風の性質の人がいろいろな情報を教えてくれたり、
    幅広い交流関係からいい人を紹介してくれるかもしれません。

    水の性質の人は落ち込んでいる時に風や火のさっぱりした人を見ているだけで
    自分が落ち込んでいることがばかばかしくなって元気になれるかもしれません。
    逆に人が落ち込んでいる時にはその気持ちに寄り添ってあげて、
    元気づけてあげられるかもしれません。


    そんな風にみんな持ちつ持たれつ、助け合っていくと大きなパワーになって
    人生そのものが豊かで楽しいものになっていくように思います。

    西洋占星術って何?

    • 2012.03.16 Friday
    • 23:51
    占いと言っても様々な占いがあるけれど
    西洋占星術は生年月日さらに生まれた時間、場所によって
    ひとりひとり違う出生図になるので
    細かく特徴、キャラクターが浮かび上がってきます。

    キャラクターだけではなく、運気も見ることができます。


    生まれた瞬間の天体(惑星)がどこの星座にあって
    他の天体とどうからんでいて
    生まれた時間がわかるとその天体がどこの部屋(12部屋)に入っていて
    と次々といろんな情報が浮かび上がってきます。


    一般的には太陽星座が個人の性格として有名ですが
    そのほかにも月、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星があります。


    同じ星座の人でも性格が違うのはそのほかの星座が違ったり、
    アスペクト(他の天体との角度やからみ)、どこの部屋にあるか
    あとはアセンダントの星座などによってもキャラクターが変わってきます。


    アセンダントは1ハウスのスタートの星座です。


    そうはいってもいまいち、ピンとこないと思うので
    これから少しずつ説明していきたいなと思っています。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM